新生銀行住宅ローンのメリットとは?

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入する為にはまず住宅ローンを組まなくてはいけません。

新生銀行の住宅ローンはネットバンク・銀行・信用金庫などの金融機関から申し込みが出来ます。

住宅ローンには金利・審査・諸費用が必須です。

審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。

金利は契約を結んだ月のものを採用します。

諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。

住宅を購入を考えても、実際自分の物になるまで必要な事をクリアしていかないといけません。

すべての契約が終わるのはだいたい3?4カ月後だと言われています。

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。

ローンの金利には大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。

どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。

などと言われる事はありません。

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どちらの金利にしたら良いかわからない時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。

借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをすると、返済額が減る事もあります。

ですが、借り換えは必ずしもメリットだけを生みだすものではありません。

なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えを検討する時はそういった事も含め、住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。

新生銀行の特徴は?住宅ローン借り換え研究!【他にないメリットって?】

新生銀行の住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。

この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。

団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。

これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。

という特別処置です。

どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。

保証料は自己負担ではないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。


ゆくゆくは自分の両親と一緒に住みたいと考えている方に、この場を借りて新しい住宅ローンについてご説明致します。

規定として融資を得るためには、年齢が決まっているので年齢がいっている方は、申請しても通らない場合が多いです。

但し、親子リレー返済をして申請に通れば、ある程度年齢に制限はありますが申込み可能です。

その秘訣は、親子二人が同時にお金を返すのではなく申込みをした二人の年収を合わせ時間をずらして返済するのです。

このような理由で高齢者の方でも借入れ可能なのです。

独りで返さなければならないと思わず気軽に相談してみましょう。

毎月の自分銀行や住信SBIネット銀行などの住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。

繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が出来ますので、借入額をさらに減らす事ができます。

元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。

繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。