低刺激化粧品と旧指定成分って?

低刺激化粧品というカテゴリでは「無添加化粧品」という化粧品がほとんどを占めています。
この無添加化粧品とは、厚労省の定める旧指定成分を一切添加していない化粧品と定義づけることができます。
アレルギーや皮膚障害を引き起こす可能性が高い毒性がある102の成分を「旧指定成分」と呼んでいます。
このような問題が明るみに出てからは、化粧品の全成分表示を行うようになりましたし、無添加化粧品が主流となりつつあります。
低刺激性の化粧品・無添加化粧品には毒性をなくした成分や、ビタミンC・ハーブエキスなどで防腐剤や酸化防止剤の代替成分を使用しています。
低刺激で選ばれている人気のトライアルセットは?