クレジットカードでの売上の仕訳は?

お店などの商売を生業としている方で、クレジットカードでの決済に対応している場合、クレジットカードによる売上を帳簿に記入する際の仕訳のしかたに少々注意が必要となります。
購入をした側とすれば購入日に支払っているような気になりますが、実際にはその段階ではまだ売った側にお金は入っていません。
したがってその時点では売掛金の処理で商品等の金額を記入しておきます。
そしてクレジットカード会社から現金が振り込みをされたら、その日に売掛金回収として記載し、入金の処理をおこなえばよいのです。
ただしこの時、クレジットカード会社から手数料が差し引かれて振り込まれているはずですので、その手数料分は雑費として経費で処理するようにしましょう。